私たちは、子どもたちを放射能から守りたい、そのためにも子どもたちが毎日食べる新潟の農作物も放射能から守りたい、と考えているママ・パパの集まりです。このHPを通じて、子どもたちを守りたいと願うまざまな方々と、立場を超えて気持ちをつなげることで、共に明るい未来に向かって進んでいきたいと願っています。
当会については守る会についてをご覧ください。
 新しい情報をメールでご覧になりたい場合は「メールマガジン申込」からお申し込みください。
(登録をもって当会会員となります。いつでも登録解除できます)

当サイト内の文責は「子どもたちを放射能から守る会@新潟」にあります。


新潟県内掃除機ゴミパック測定プロジェクト中間報告

守る会では、県内及び福島県内より避難されて来ている方々のご協力を得て、新潟県内の各地の掃除機ゴミパックの測定を行ってまいりました。
一般家庭の掃除機ゴミパック測定の目的は、食品を介した放射性物質の取り込みと同様に、内部被曝の原因となりうる汚染塵灰等の持ち込みの有無を把握することで一般住環境の汚染を把握するためです。事実を把握しない限り、適切な対策対応は不可能ですし、食品のみに注意を払っていては片手落ちと考えるからです。
まだ全ての測定は終わっておりませんが、中間報告をいたします。

今回の結果に関しましては
1.汚染地域のゴミパックに捕集された放射性セシウムは減少傾向にあるが、未だに高いレベルであること
2. 避難先への持ち込みは、かなり気をつけていても発生すること。こまめな対策(物品持ち込み、着衣履物の交換、日常的掃除)によって充分に減らすことが可能あること
3. ゴミパックからの検出は福島県に限らず、関東地方や土壌汚染がある地域で確認されていると
などを踏まえたうえで、参考になさって下さい。

今回の測定方法の参考資料PDF→(PDFはこちら)
*①新潟市東区の掃除機ゴミパックと、こちらの東区の土壌測定場所http://kodomoniigata.com/?p=1624は同地点になります。ご参考まで。

今回の測定プロジェクトは、あがのラボ様からのご提案とご協力により行う事ができました。いつも本当にありがとうございます。
全ての掃除機ゴミパックの測定が終わりましたら、改めてご報告いたします。


トトロの宅急便プロジェクト

福島や東葛地域など、安心して外遊びをするのが困難な地域の小学校・幼稚園などに、汚染のあまりない地域からドングリなどの木の実や松ぼっくりなど、自然にある子どもたちの遊び道具を届けるボランティアのプロジェクトを始めました。新潟市内の数人の親子とあがのラボさんで活動を予定しています。
現在、福島市内と郡山市内の小学校や幼稚園、保育グループなどから依頼が来ています。
送付する物の収集にご協力いただける方、トトロの宅急便を受け取りたい学校・教育施設関係者の方、ご連絡いただければと思います。
radieco@yahoo.co.jp

放射能と環境を考える会HP→http://blogs.yahoo.co.jp/radieco/10569076.html


新潟市中央区・東区の土壌調査結果

新潟市中央区と東区の土壌調査結果の情報を頂きました。

測定結果
○新潟市中央区(県庁近辺)
検体重量:1,450 g
I-131  天然Pb-214による誤検出
Cs-137 検出限界未満 <1.6 Bq/kg
Cs-134  天然のBi-214による誤検出

○新潟市東区
検体重量:1,415 g
I-131  天然Pb-214による誤検出
Cs-137 検出限界未満 <1.5 Bq/kg
Cs-134  天然のBi-214による誤検出

   ※土壌サンプルをNaIシンチレーション検出器で測定する場合にI-131やCs-134のγ線エ
    ネルギーと似かよったγ線を放出するPb-214、Bi-214の影響を受けます。 検体中の放
    射性Csや放射性ヨウ素濃度が、妨害となるPb-214、Bi-214と較べて相対的に大きい場
    合は誤検出は生じませんが、今回の検体のように濃度が極端に低い場合にはPb-214、
    Bi-214の影響を無視できず定量不可能となります。 この場合、確定にはゲルマニウム半
    導体検出器による測定が必要です。

*あがのラボ様のコメント
①「中央区土壌」と「東区土壌」のγ線スペクトルを比較すると、γ線スペクトルに大き
な違いは認められませんでした。
②Cs-137に相当する位置にピークの痕跡すら全く確認できませんので、Cs-137が含まれ
ていても極めて低濃度と推定できます。
③放射性Cs合算で135 Bq/kg を示した阿賀野川河川敷土壌のγ線スペクトルとの比較か
らも、今回の土壌に含まれる放射性セシウムは、極めて濃度が低いかほとんど含まれてい
ない(保守的に見積もっても <5 Bq/kg)と思われます。

*報告書及びスペクトル→(PDFはこちら)大変詳しい解説がありますので、ぜひご一読ください。

*測定を行ったあがのラボ様にも公開の承諾も得ております。


新潟県学校給食安心対策事業における放射性物質の検査結果

新潟県学校給食安心対策事業における放射性物質の検査結果が発表されています。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1356767552209.html

あわせて、新潟県児童福祉施設給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果も発表されています。

新潟県HP→http://kodomoniigata.com/wp-admin/post.php?post=1619&action=edit


都道府県別環境放射能水準調査(月間降下物)(平成25年7月分)

原子力規制委員会より都道府県別環境放射能水準調査(月間降下物)(平成25年7月分)が発表されています。

原子力規制委員会HP→http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8041/view.html


環境放射能水準調査結果(上水(蛇口))(平成25年4-6月分)

原子力規制委員会より環境放射能水準調査結果(上水(蛇口))(平成25年4-6月分)が発表されています。

原子力規制委員会HP→http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7917/view.html
(この数値は、土日祝日を除いて毎日1.5L採取し、3か月分約100Lを濃縮して測定した数値です)

*参考資料
水道水などのセシウム137の経年変化→http://www.kankyo-hoshano.go.jp/01/0101flash/01010321.html


新潟県学校給食安心対策事業を実施

新潟県が、児童生徒等のより一層の安全・安心の確保の観点から、学校給食における放射性物質の有無や量について把握するため、学校給食一食全体の事後検査を行う「平成25年度新潟県学校給食安心対策事業」を実施します。

検査詳細→http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1356766674465.html

平成24年度の結果はこちらで確認できますhttp://kodomoniigata.com/?cat=17


日常食に含まれる放射能検査の結果(7月調査分)

日常食に含まれる放射能検査の7月分の結果が新潟県より発表されました。
新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/housyanoutaisaku/1356767580627.html

新潟県内の日常食の過去の測定結果放射性セシウム濃度(ベクレル/kg) http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/500/890/besshi2.pdf