活動予定

2013年6月11日

放射性物質汚染の実態と対策(あがのラボからの報告)

7月5日(金曜日)に、あがのラボ(あがの市民放射線測定室)の村上氏をお呼びして、色々なお話をお聞きします。
お申し込みは不要です。
お子様連れで、ご夫婦で、お友達をお誘いの上、お気軽にご参加下さい。

日時  7月5日金曜日 午前10時から午前11時半まで

場所  東区プラザ音楽室練習室3(東区役所2階、旧ヨーカドー)

参加費 100円

同じ施設内に託児コーナーがあります(要予約)
http://www.ewaiwai.com/hoiku.html


   2012年11月22日

「給食について話そう」

12月3日(月曜日)に、茶話会を行います。

入学・入園の新年度を前に、給食についての悩みを皆でお話ししませんか?

申し込みは不要です。

お子様連れで、ご夫婦で、お友達をお誘いの上、お気軽にご参加下さい。

日時  12月3日月曜日 午前10時から正午まで

場所  坂井輪地区公民館 第3和室(駐車場は公民館敷地内、又は西区役所をお使い下さい)

参加費 30円(公民館が有料になったため、少しばかり頂きます)

*飲み物等はご持参下さい


   2012年10月5日

放射能とのつきあい方

東電福島第一事故により、大量の放射性物質がばらまかれてしまいました。私たちは、これから何十年も、放射能のことを考えながら生活していかなければならないでしょう。

横浜の黒猫先生は、震災後、ツィッター上で食品や環境の放射能測定に関する情報を多く発信して下さっています。またNPO法人放射能測定フードベース23(民間の放射能測定室)の設立に深く関わり、精力的に測定活動をされています。横浜のストロンチウム、神奈川のミカンのセシウム汚染、先月新潟でも流通が発覚した静岡の大塚フードの乾しいたけの基準超過を2月に発見されました。東京での学習会はキャンセル待ちが出るほどだそうです。今回は、先生もたいへんお忙しい中ご来県くださり、貴重なお話を伺えることになりました。どうぞみなさまお誘いあわせの上、お越しください。お子様連れの方のために、会場後方にスペースをご用意します。
11月7日(水)    14:30~16:00
新潟市中央区長潟827   (山潟荘・ビッグスワン・亀田IC近く  新潟駅南口よりバス宮本橋下車) 
*駐車場はありますが台数に限りがあります。できるだけ乗り合わせてお越しください。
 チラシはこちら→(PDF
 
                    主催 放射能と環境を考える会
                    共催 子どもたちを放射能から守る会@新潟

   2012年8月8日

食の安全と放射能

9月12日水曜日に、新潟県の生活環境課の方をお呼びして、新潟県の放射性物質への対策や新潟県内外の食材の検出傾向などをお聞きします。
お申し込みは不要です。
お子様連れで、ご夫婦で、お友達をお誘いの上、お気軽にご参加下さい。

日時  9月12日水曜日 午前9時半から午前11時半まで

場所  鳥屋野地区公民館 講座室

参加費 無料

内容  ・実効線量とは
・県内外の食材の検出傾向について
・農水産業関係者への放射性物質にかんする指導内容について
・学校給食について(資料のみ)
・質疑応答など

 

*今回の勉強会は、県の出前講座を活用しています。


   2012年6月17日

『原発事故から一年を経過して・・食べ物のお話』

7月11日水曜日に、放射能と環境を考える会代表の大関さんを囲んで
『原発事故から一年を経過して・・食べ物のお話』と題して勉強会を行います。

原発事故から一年以上がが経過し、食材からの放射性物質検出傾向が変わってきました。
今一度、現状を確認しましょう。

申し込みは不要です。
お子様連れで、ご夫婦で、お友達をお誘いの上、お気軽にご参加下さい。

日時  7月11日水曜日 午前10時から正午まで

場所  鳥屋野地区公民館 講座室

参加費 無料

*駐車場は91台分ありますが、一杯になる事も多々あるようです。
乗り合わせ等ご協力お願い致します。