新潟県学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果(2月4日分)

2月4日分学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果が発表されました。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1348783281510.html

<参考>
*新津西部学校給食センターの当日の食材産地
牛乳:新潟県産新潟市江南区加工・牛肉:群馬県、岩手県産・豚肉:新潟県下越地方・じゃがいも:北海道・たまねぎ:北海道・にんじん:茨城県・さやいんげん:北海道・切り昆布:北海道・ちりめんじゃこ:瀬戸内海産・アーモンド:アメリカ・しらたき:新潟市加工(こんにゃくいも群馬産)・キャベツ:新潟市・きゅうり:群馬県・あまなつ缶:鹿児島県、熊本県、長崎県他


新潟県学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果(1月28日分)

1月21日分学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果が発表されました。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1348783281510.html

<参考>
*新津西部学校給食センターの当日の食材産地
牛乳:新潟県産新潟市江南区加工・小麦粉:カナダ、北米アメリカ・脱脂粉乳:ニュージーランド・かぼちゃ:新潟市秋葉区・ベーコン:鎌倉ハム自社検査下限値合算20(豚肉は群馬・千葉産)・白いんげん豆:日本・粉チーズ:オーストラリア・白菜:新潟市・にんじん:新潟市・ウインナー:豚肉新潟県内産・アーモンド:アメリカ・ブロッコリー:愛知県豊橋市、徳島県・キャベツ:新潟市・コーン:北海道・たまねぎ:北海道・ツナ:中部太平洋、インド洋、インドネシア近海・温州みかん:和歌山


環境放射能水準調査結果(上水(蛇口))(平成24年10-12月分)

文科省より「環境放射能水準調査結果(上水(蛇口))(平成24年10-12月分)が発表されています。

文科省HP→http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/7000/6672/view.html
(この数値は、土日祝日を除いて毎日1.5L採取し、3か月分約100Lを濃縮して測定した数値です)

*参考資料
水道水などのセシウム137の経年変化→http://www.kankyo-hoshano.go.jp/01/0101flash/01010321.html


日常食に含まれる放射能検査の結果(12月調査分)

日常食に含まれる放射能検査の12月分の結果が新潟県より発表されました。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/housyanoutaisaku/1356749473114.html

*参考資料
新潟県内の過去の測定結果→http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/190/914/20120316_totaldietstady_besshizu,0.pdf

日常食中のセシウム137の経年変化→http://www.kankyo-hoshano.go.jp/01/0101flash/01011821.html


新潟県学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果(1月21日分)

1月21日分学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果が発表されました。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1348783281510.html

<参考>
*新津西部学校給食センターの当日の食材産地
米:新潟市秋葉区・牛乳:新潟県産新潟市江南区加工・とうふ:新潟市秋葉区(アメリカ・カナダ産大豆使用)・豚肉:新潟県下越地方・さといも:新潟市秋葉区・にんじん:新潟市・ごぼう:新潟市・だいこん:新潟市・ねぎ:新潟市秋葉区・ ぶなしめじ:南魚沼市(10,10,10不検出)・さけ:チリ産・プチヴェール:新潟市秋葉区・たまねぎ:北海道・ひじき:長崎県、熊本県、山口、広島・ごま:グアテマラ・ブロッコリー:愛知県・キャベツ:新潟市・赤ピーマン:宮崎県・パンナコッタボケジャムソース:新潟市加工


保育園給食放射能検査の結果

新潟市では、園児等のより一層の安心・安全の確保の観点から、保育園の給食一食全体について、放射性物質の有無や量を把握するため、12月10日の給食から事後調査を実施しています。
新潟市HP→http://www.city.niigata.lg.jp/kosodate/ninshin/enji/ninnkahoikuen/hoiku-hosyasen.html


新潟県学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果(1月15日分)

1月15日分学校給食モニタリング事業における放射性物質の検査結果が発表されました。
今回より測定時間が300秒から1,000秒に延長され、検出限界値が下がりました。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1348783281510.html

<参考>
*新津西部学校給食センターの当日の食材産地
米:新潟市秋葉区・牛乳:新潟県産新潟市江南区加工・麦:新潟市・鶏肉:阿賀野市・粉チーズ:オーストラリア産・白インゲン豆:新発田市加工(国産)・にんじん:新潟市・たまねぎ:北海道・ぶなしめじ:南魚沼市(10,10,10)ND・ハム:鎌倉ハム自社検査下限値合算20(豚肉は群馬・千葉産)・じゃがいも:北海道・アーモンド:アメリカ産・きゅうり:高知県・不知火(みかん):愛媛県


日常食に含まれる放射能検査の結果(11月調査分)

日常食に含まれる放射能検査の8月分の結果が新潟県より発表されました。

新潟県HP→http://www.pref.niigata.lg.jp/housyanoutaisaku/1356748644647.html

*参考資料
新潟県内の過去の測定結果→http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/190/914/20120316_totaldietstady_besshizu,0.pdf

日常食中のセシウム137の経年変化→http://www.kankyo-hoshano.go.jp/01/0101flash/01011821.html